HPをご覧いただきありがとうございます。

お菓子教室スタジオジェンマ代表の高橋教子と申します。

お時間がございましたら下方にある教室内の動画などもご覧になってくださいね。

■スタジオ名の理由

■ごあいさつ

■教室内のご案内動画の順に書いてあります。

***スタジオジェンマとは***

スタジオ名の 「 gemma 」 は「ジェンマ」と読みます。

gemmaはイタリア語で「宝石」・・・とか

他に新芽・新緑・大切な人・・・etc・・・いろいろな意味を持っています。

しっかりみっちり作る教室なのでサロンという雰囲気ではなく、スタジオとかアトリエとかにしたかったのでジェンマと組み合わせるとスタジオになりました。

何でイタリア?って聞かれることもあるんですが、若いときイタリアのシエナという町に1か月ほどホームステイしたことがあって大好きなんです。

もちろんフランスも好きですが、これはう~ん、何となく。です。

 

私事になりますが、草花とその特に”新芽”が大好きなんですね。

季節でいうと2月中旬から桜の咲く4月頃あたりとその先新緑の季節位。

 

何がって・・・お菓子とは全く関係ないんですけど、

雪割草などに始まって、チューリップやスズラン、ストックの芽が庭の土からちょこっと顔を出し始めると、なんだか、た~~~~っぷりのエネルギーを感じます。

葉の落ちた枯れ木のような枝から小さい芽がちょこっと芽吹くとそれを何時間でもじーっと見ていられるような幸せな気持ちになります。

実際に見ていられます(笑)

 

そして嬉しさと共に力が湧いてきて元気になって楽しくなって幸せ気分に~♪って。

 

おいしいお菓子がまさにそれと同じ感覚を味わえるのです。

 

”gemma”のもつ多くの意味に惹かれスタジオ名にしました。

私の好きなものばかり。

宝石のような輝きを持つお菓子に。

そして、私の周りの大切な人たちへ感謝の意を込めて・・・。

 

***ご挨拶***

当ホームページをご覧いただき本当にありがとうございます。

数あるお教室の中からこのページにヒットしてくださることだけでもご縁を感じます。

 

私は小学校3年生の時に初めてお菓子の本を買いました。

どうしてもスフレチーズケーキが食べたくて、何度も挑戦したのですが、メレンゲがうまく作れず母に一緒にやってもらったり、悩みました。

何度かやってやっとメレンゲが出来たと思って焼いたら今度は焼くときの湯煎で失敗。

型は底が取れるタイプだったのです。

湯煎の湯が底から中にしみこみぐちゃぐちゃに・・・。

でもその時は湯煎のせいだとは思わず原因が分からないまま何度作ってもぐにゃぐにゃ。味が美味しかったんですけどね。

もしかしたら!と気が付いて型の周りにアルミホイルを巻いたのはすでに十数回作った後でした。

 

今となってはいい思い出ですが皆さんも本を見て作って理由が分からない失敗をしたことがありませんか?

お菓子はちょっとしたこと(こつ)で美味しくもなれば不味くもなります。

本には書いていないコツを覚えて美味しいお菓子を一緒に作りませんか?

 

たのしい!うれしい!楽しい!をモットーに活動しています(^^)/

お菓子が好きな方作るより食べる方が好き!・・・プレゼントするのが好き!という方も大歓迎です!

 

一度遊びにいらっしゃるつもりでどうぞいらしてください!

 

***教室のご案内動画***

よろしければ2本続けてご覧くださいませ↓

 

*約6分くらいのスタジオ紹介動画です*

 

*約2分半くらいの教室内と体験レッスン風景の動画です*

 

 

 

 

 

 

最新情報をお届け!特別クーポン配布も! 【 ライン公式アカウントのご登録 】は ↓

スケジュール表日付内のレッスンをクリックすると時間等詳細をご覧いただけます 〇予約受付中 △残席1 ×満席

◆◆その他スタジオジェンマについて◆◆