ステンレスボウルの選び方。18-8ステンレスって何?

今日はステンレスのボールの選び方について書きたいと思います。

100円ショップで売ってるボウルでも大丈夫ですか?

生徒さんから100円ショップのに売っているボールでもいいですかと聞かれることがあります。

決してダメではありませんですが錆びやすかったり,、100円ですから素材はとても薄いので凹みやすかったり強度の面ではあまりお勧めいたしません。

またメッキがあまり良くない素材のものを使いますと生クリームを泡立てる時など金属のホイッパーと当たった部分が反応してグレー色のぶつぶつが出てきてしまうことがあります。

できればステンレスはボールの後ろに18-8ステンレスと書いたボールを購入していただくことをお勧めしています。

 

18-8ステンレスって何?

18-8ステンレスというのはどういうものかと言うともその数字の通りそのボウルの素材の中のですね18%が クロム(クローム)という、クロムメッキという風に聞いたことがあるか他もいらっしゃると思いますが、メッキにとても良い、メッキというのはコーティングみたいなものなんですけれどもメッキ素材としてとても良い素材なんですね。

それが18%入ってますというのが最初の数字の18というところです。

その後ハイフンがついて、数字の8それで「じゅうはちのはち」と読むんですけれども、そのハイフンの後の8というのはニッケルという素材が8%入ってますよという表示です。

ニッケルとクロムが混ざることでと、強くなると言いますか、それ以外の素材は鉄なんですけれどもその鉄と結合すると酸化しづらくなったりですとか、酸化しづらいので錆びづらくなったりという構造になるんですね。

それなので クロム が18%ニッケルが8%入っているステンレス製のボールをお選びいただくことをお勧めします。

それ以外にも18-0と書いたステンレスボールとか、何も書いていないボウルもあります。

それはですね素材がその18-8ではない素材ということなのであの強度の面で落ちたりですとか

あとそうです屋外(バーベキューなど)で使ったり使い方をちょっと乱暴にすると錆びてしまったりですとか、

強度が弱いためにちょっとぶつけたらへこんでしまうとかそういうことになりますので、長い目で見るとですね、悪くなりやすいものを何回か購入するのであればしっかりとしたちょっとお値段は張りますが18-8ステンレスと書いたボールを購入していただくと錆びづらいですし、あとは水と反応してですね臭いを取ってくれると言いますかあの防臭効果みたいなものもある素材ですのでそれにも向いてると思います。

強度の面の他にはメッキが剥がれづらいですとかそういうお菓子作りにはとても向いている素材なのでできましたら18-8で探してお選びください。

 

18-8ステンレスかどうか見分ける方法ありますか?

磁石をもっていってくっついてしまったら18-8ステンレスではありません。

 

他の素材のボウルは購入しない方がいいですか?

他にはガラスのボウルやプラスチックのボウル、陶器もありますし銅製品もあります。

ステンレスは電子レンジに向かないため、ガラスかプラスチック製のものもあると便利です。

関連記事

  1. シフォンケーキの型がありません、他の型で代用できますか?

  2. マドレーヌ型 どんな素材を選ぶのがいいの? ギルア素材・フッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。